運動を習慣にする!ジム活用のメリット

>

ジョギングのすすめ

ジョギングについて

ジョギングは、ウォーキングと比べて約2倍のカロリーを消費するといわれています。
有酸素運動のため、基礎代謝がよくなり、習慣とすることで、太りにくい体質になります。

また、運動負荷が高いために、肺や筋肉も鍛えることができます。
さらに、脂肪燃焼が起こる20分以上のジョギングで、高いダイエット効果も見込まれます。

ただし、負荷が重いために、苦痛が大きくなるため、ウォーキングにくらべると、
習慣にすることは、難しいようです。

週間にするためには、無理せず、
ゆっくり会話ができるくらいのペースで走ることに、
集中することが大切です。

景色を観察する余裕を失わない様に、
1回あたり10分を目標にゆっくり走り続けてみてください。

ジョギングの効果について

ジョギングの効果は、以下のとおりです。

・心肺機能が高まる
ジョギングによって、体内に取り入れる酸素の量が増えるため、
心臓や肺の機能が高まり、疲れにくくなります。

・ストレスが解放できる
自分のペースで行うことができるジョギングは、ストレスを解放することに効果があります。
「ランニングハイ」という言葉もあるほど、開始して数十分後に気分が高揚してどんどん走れる気分になることがあります。

・ダイエット効果
有酸素運動であるジョギングは、効率良く脂肪を燃焼することができるため、
ダイエットに効果があります。

・生活習慣病の予防
血行がよくなり、毛細血管も発達するため、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。

・脳の活性化
走ることによって脳細胞が増えるため、脳の活性化にも効果があります。

以上、ジョギングの効果は、素晴らしいものですので、ウォーキングの習慣にあわせて、すこしずつ取り入れていくことをおすすめします。